水いぼ(伝染性軟属腫)って?

水いぼ(伝染性軟属腫)は、乳幼児から小学生低学年に多く認められる皮膚疾患です。大きさは1~5mm程度。やや光沢のある小さな丘疹です。胸やお腹、おしり周囲、腋の下、膝の裏など様々なところにできます。
ポックスウイルスというウイルスが感染することで発症します。

感染の経路は、接触感染。主に肌と肌の接触によって感染しますが、その他にも、タオルや衣類などを介しても感染もあります。伝染力は弱く、プールやお風呂に一緒に入っても肌が触れ合ったり、タオルやビート板などの器具を共有しなければ感染することは少ないとされていますが、保育園や幼稚園などでは、プールへの参加を制限しているところもあります。

症状と経過

  • 水いぼは、関節周囲など、擦れる部分に好発します。また、水いぼができる周囲に湿疹も形成され痒みも生じるために、お子さんは、水いぼ周囲を痒がり引っ掻いてしまいます。
    水いぼの中には、ウイルスの塊があり、引っ掻いてつぶれることにより、周囲へ広がっていきます。ウイルスの感染であるため、放置しても6ヶ月から3年の範囲で自然治癒が認められますが、アトピー性皮膚炎のように、肌が乾燥して、皮膚のバリア機能が低下している場合には、治癒までに時間のかかる場合があります。

予防と治療

  • 水いぼはウイルス感染であり、肌のバリア機能が低下している部分に好発します。普段からのスキンケア(保湿やアトピー性皮膚炎に対する治療など)を心がけることが大切です。
    水いぼは、自然治癒のある疾患であり、長くても数年で治癒します。しかし、その間、痒み等の皮膚症状に悩まされたり、集団生活での制限(プールに入れない)があることもあります。一方で、確実な治療である「水いぼ取り=ピンセットなどで摘出する方法」は、痛みと恐怖を伴います。
    治療法などについては、医師と詳しく相談して決めていただくのが良いと思いますが、「水いぼ取り」による痛みや恐怖をできるだけ少なくするためには、広がる前に(まだ数個のうちに)相談することが肝要だと思います。

医師とご相談ください。

西巣鴨こどもクリニック
お問い合わせはこちら:03-6903-5025

診療時間はこちら

  • ご予約はこちら
  • 診療時間はこちらからご覧ください
  • アクセスはこちら

診療時間案内

  午前 午後
月・水・木 金曜日 9:00~12:30 15:00~19:00
火  曜  日 9:00~12:30 15:30~19:00
土  曜  日 9:00~14:00 休診
日  曜  日 9:00~12:30 休診

※休診日:木曜日、祝日

※上記終了時間は、最終の受付時間に
なります。

当院までのご案内

板橋、西巣鴨よりのアクセス情報
予約はこちら
医療法人社団 慈広会 王子神谷斎藤クリニック・内科/循環器科/消化器科/小児科