肺炎球菌ワクチンの種類変更のお知らせ(2013年11月より)

 

肺炎球菌ワクチンの種類変更について

  • 11月1日から、肺炎球菌ワクチンがそれまでの7価ワクチン(PCV7)から13価ワクチン(PCV13)へと変更になります。
    肺炎球菌は約90種類の血清型に分類され、その1/4程度が人に感染するといわれています。

    肺炎球菌ワクチンが日本に導入された平成19年ごろでは、PCV7に含まれている血清型は肺炎球菌感染症全体の約8割を占めていましたが、ワクチンが広く接種されるようになると、その割合が減ってしまいました。(肺炎球菌感染症そのものは、ワクチン開始前の1/4程度まで減少をしています。)

    肺炎球菌ワクチンを日本より早く導入していたヨーロッパやアメリカなどでは、数年前にすでにこの現象が顕著となり、すでにPCV13ワクチン等の接種が行われています。いままで、PCV7でワクチン接種を行われていた方であっても、1回以上PCV13の接種を受ければ、全ての抗体価の上昇が認められ、感染予防効果は十分にあるとされます。

    また肺炎球菌ワクチンを1期追加まで終了してしまった方でも、任意でPCV13の接種を受けることが可能です。

    (ただし、この場合、自費での接種となりますのでご注意ください。)

その他、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくクリニックまでお電話ください。

西巣鴨こどもクリニック
お問い合わせはこちら:03-6903-5025

診療時間はこちら

  • ご予約はこちら
  • 診療時間はこちらからご覧ください
  • アクセスはこちら

診療時間案内

  午前 午後
月 ~ 金曜日 9:00~12:30 15:00~19:00
土  曜  日 9:00~14:00 休診
日  曜  日 9:00~12:30 休診

※休診日:木曜日、祝日

※上記終了時間は、最終の受付時間に
なります。

当院までのご案内

板橋、西巣鴨よりのアクセス情報
予約はこちら
医療法人社団 慈広会 王子神谷斎藤クリニック・内科/循環器科/消化器科/小児科